キッチン天井の直管蛍光灯をLEDに変更

キッチン天井の直管蛍光灯をLEDに変更

 キッチンの天井にある直管蛍光灯が切れてしまいました。もう、蛍光灯でもないだろうと、LED化したのですが、結構面倒な作業でしたので紹介しておきます。

 リビングで使っているような丸形のシーリングライトは蛍光灯からLEDに変更するときにも、天井のソケットをそのまま使用できるので、器具を丸ごと交換するだけです。この場合、資格は必要ありません。しかし、まっすぐな蛍光灯の場合には工事が必要になる場合が多く、その場合資格が必要になります

 まず、まず直管LED灯(?)を購入するところから難しいです。選択肢が多いのです。

既存のブラケットを使う(改造なし)

 この方法は非常に単純です。今までの蛍光灯を交換するのと同じ手順でLEDタイプに交換するだけです。したがって、工事の資格も必要ありません。従来のブラケットのタイプ(インバーター、グロー、ラピッド)に合ったLED灯を選定する必要があります。

 国産の製品が少ないようですし、蛍光灯用の安定器をそのまま使うので、電気的な効率はあまりよくありません。ただ、工事不要というのが最大のメリットです。

 ここで、「工事不要」というのが誤解を招いているようですが、直管蛍光灯の安定器をバイパスする。という改造が必要な場合があります。次の項で書いている方法なのですが、この方法は「工事」です。したがって、資格が必要になりますので注意してください。「工事不要」というのはグロー電球を外すだけでLEDに変更できるとか、何もしないでそのままLEDに変更できる場合のみです。

既存のブラケットを改造する

 これには2通りの蛍光灯タイプLEDがあって、直管蛍光灯の両端の端子を使うタイプと片方の端子を使うタイプに分かれます。いずれにせよ、この端子に直接100Vを接続する必要があるので、蛍光灯のブラケットを改造することになります。

 具体的には従来の蛍光灯のブラケットについている安定器と呼ばれるトランスを取り外して、蛍光灯のソケットに直接100Vを接続します。この改造には資格が必要なので素人にはできません。

LED専用機器を設置する

 今回、蛍光灯のプラスチック製カバーに亀裂が入っていたため、器具を丸ごと交換することにしました。この施工にも資格が必要になります。

 器具を丸ごと交換する場合、ブラケットとLEDランプは別売りの場合が多いようです。しかも、メーカーの互換性はありませんので、ブラケットとLEDランプはセットで購入しましょう。

 また、取り外した蛍光灯の廃棄方法も地方によって違いますので、交換・廃棄を含めた施工は電気店等に依頼するようにしてください。

 下の写真がブラケット(下)とLED灯(上)です。両方買わないとダメです。

 このパナソニックのiDシリーズは色温度や明るさなど種類があるので、十分に検討した上で選択してください。私は既存の蛍光灯に色温度と明るさが近かったXLX420NENTLE9を選択しました。

 まず既存の蛍光灯ブラケットを取り外します。これは天井に直接2本のネジで固定されていました。2本のネジを外せば天井から外すことができますが、その前に電灯線を外します。下の図のコネクタ部分にマイナスドライバーを押し込むことでVVFの電灯線が抜けます。

 次にLED用のブラケットを取り付けます。これも同じネジ2本で天井に取り付けました。この時、古い蛍光灯の取り付けネジと合わないのでネジ穴は開けなおす必要があります。同じメーカー、同じサイズを買ったのだから互換性が欲しかったですね。

 LED灯用のブラケットに電気回路はありません。ものすごくシンプルな枠とコネクタだけです。したがって非常に軽く、取り付けは簡単でした。苦労したのは天井に対して斜めにならないように位置決めするところでした。
 コネクタ部分は下の写真です。

 ブラケットを取り付けたら、LED灯を付けます。説明書がついているので、その通りに行えば良いのですが、わかりやすい説明書とは言えなかったです。

 下の写真のようにブラケットに針金フックを取り付けます。

 フックは2か所ありますので、両方をひっかけると片側が固定された状態になりますので、配線を接続します。

 あとは片側をブラケットに押し込むだけです。蛍光灯よりもスリムで薄くなりました。

 LED化にして快適になりましたが、メーカーで互換性が無くなったのは残念です。たしかに、消費電流が少なくなってエネルギー節約になっているのかも知れませんし、蛍光管は製造しない方向に向かうのでしょうか、LED照明も統一した規格にしてほしいものです。