スーパーカブ(JA07 pro)が倒れる

スーパーカブ(JA07 pro)が倒れる

 2020年7月8日。茨城に吹いた風でスーパーカブ(JA07 pro)が倒れました。風で倒れたのは初めてです。

 本来であれば、サイクルテントの中に保管しているのですが、ここ1年はカワサキ エストレヤのレストアを行っており、バラバラ状態のエストレヤがサイクルテントの中にあるので、スーパーカブはバイクカバーを被せて庭に停めていました。

 この日の昼前に倒れたらしく、お昼に妻から「バイクが倒れている」というラインが入って、帰宅後に撮った写真が上のカバーが掛かった状態です。

 すぐにバイクを起こし、損傷状況の確認をしました。

  • バイクカバーはハンドルが突き破った状態
  • 右に倒れたので、右側ステップのラバーが破損
  • マフラーカバーに歪み
  • ガソリン漏れはなさそう
  • レッグシールドに傷

 破損状況を映したのが次の写真です。

 とりあえず、マフラーの値段を調べましたが、カバーだけの損傷だし、もともと錆が出ているカバーなので、板金して整えることにします。

 ステップはこの状態では乗れないので、新しい物を手配しました。バイクカバーは穴が開いたので廃棄です。この日は、サイクルテントの中を片付け、エストレヤと並べて入れることにしました。最初から、そうしておけば良かったです。

 夜になって、防犯カメラで確認すると、誰も居ない庭で、勝手に倒れている様子が映されていました。

マフラーカバーを外す
before

裏から叩く
after

 マフラーカバーはボルト2本で留まっています。幸い、ボルトに異常は無かったので、カバーを外し、裏からハンマーで叩いてみました。完全に歪みが取れたわけではありませんが、もともと傷ありのマフラーですので、気にはならない程度に修復できました。

 スーパーカブのステップは鉄の棒にゴムカバーが被せてあるだけです。ゴムカバーは純正ではなく、社外品を買っています。今回もNTBのラバーステップを購入しました。

 ラバーステップはただ鉄の棒に被せてあるだけですが、なかなか簡単には入りません。シリコンスプレーを鉄の棒にスプレーして、ゴムハンマーで叩くと簡単に入ります。

 部品交換はステップのゴムだけで済みましたが、バイクが倒れるというのは非常に悲しいです。風が強い日にはもう少し、工夫した方が良いですね。