250ccバイクのナンバー取得(土浦ナンバー)

250ccバイクのナンバー取得(土浦ナンバー)

 カワサキエストレヤ(250cc)のナンバーを取得しましたので、その手順を記しておきます。

 購入した車両は不動車の状態のカワサキエストレヤ初期型です。購入した際に「譲渡証明書」「軽自動車届け出済証返納証明書」を車両と一緒に受け取ってあります。

 このバイクを約一年かけてレストアして、とりあえず乗れる状態にまでなったので、ナンバーを取得することにしました。

 250cc(未満)のバイクのナンバー取得に必要な書類等は以下の通りでした。いわゆる名義変更という事になります。

 自賠責はナンバーを取得する日を含む必要があります。ナンバーを取った日から乗る。という前提なのでしょう。

  • 譲渡証明書(捺印必要)
  • 軽自動車届け出済証返納証明書
  • (自分の)住民票
  • 自賠責保険証(ナンバー取得する日を含む事)
  • 印鑑(三文判でOK)
  • 580円(令和2年夏)

 自分の所轄の陸運局は土浦でした。正式名称は「関東運輸局茨城運輸支局 土浦自動車検査登録事務所」というのですね。自分の住所の管轄はネットで調べるのが良いです。

 土浦の陸運局は建物が何棟かに分かれており、どこへ行けばよいのかわかりませんが、まずA棟へ行きます。A棟に入ると正面に必要な書類が並んでいますが、250ccバイクの書類はそこにありません。A棟入口から入ってすぐ左を見て下さい。「軽二輪」と書いてある記入台があります。そこに書類の書き方が詳しく書かれているので、それを参考に記入するのですが、肝心の書類はその記入台の反対側(記入台に向かって背中)のカウンターにあります。下記図を参照してください。赤丸が軽二輪用書類の場所です。

 わからなければ、窓口①の担当者に聞くと良いでしょう。私は最初、書類ラックにある400ccバイク用の書類に記載してしまいましたが、担当の方はとても親切に教えてくれました。最初から聞いた方が早いです。

 私が行ったのはお盆という事もあったのでしょうが、家族連れやカップルも多く、女性一人というのも多かったです。最初はプロの整備士ばかりだと思っていたのですが、初心者でアタフタしている人が多いので、窓口の担当者は初心者にとても親切です。

 記入する書類は「軽自動車届出済証記入申請書」という書類です。右上に「軽二輪第1号様式」と書かれている書類です。この太枠内を記入しますが、太枠内は「えんぴつ書き」です。「軽二輪」の記入台に例があるので、それを参考に記入します。自分が分からなかったのは、所有者欄(自分)の住所欄です。住所はコードを記載するのですが、記載台に黄色いファイルがあります。そこから、自分の住所コードを探します。

 太枠外も記載する必要がありますが、ここはボールペンで記入します

 記載したら、窓口①の前にある番号札を取ります。排気量を選択する画面がありますので、押すと番号札が出てきます。250ccの場合、今呼ばれている番号とかけ離れた番号になっていると思いますが、混み具合で調整しているようです。

 窓口①で書類を見てもらって、修正箇所を直して提出すると、大きな番号札を渡されます。今度は窓口③で呼ばれますので、待っていると「軽自動車届け出済証」(いわゆる車検証です。車検無いですけど)を渡されます。今度は、これを持ってC棟へ行きます

 C棟で窓口⑧に先ほどの「軽自動車届け出済証」を見せると記載が必要な書類を渡され、記入場所を指示されます。今度は全部ボールペンで記入します。記入した書類を再び窓口⑧に提出し、580円払うとナンバープレートを貰えます。ナンバー取り付け用のネジも貰えますので受け取りましょう。

 以上でナンバーを取得することができました。少し混んでいましたが、午前中で1時間ぐらいでした。午前中は11時45分までですので、少なくとも10時には入らないと午前中では終わらなくなると思います。