コンパレータ

デジタル回路で数を比較する

 デジタル回路は数を扱う事で様々な計算を行う回路です。だいたいの教科書ではandとかorとかDFFなどを解説して、1ビットの論理演算やメモリなどを使うことはできるようになります。しかし、現実問題として1ビットの演算などはほとんど扱う事はありません。  デジタルは数を扱って、初めて生きる回路です。よく、8ビットとか16ビットとかのバスを扱いますが、そのビット数で示される数を演算するのがデジタル回路で […]

カウンタのデコード

 前回カウンタについて述べましたので、それと対となって使う事の多いデコーダについて解説します。  「デコード」と「デコーダ」という言葉がありますが、数を取り出す事をデコードといい、その取り出す回路の事をデコーダといいます。なので、先輩との会話では「このカウンタのデコーダを設計して!」とか「ここのデコードが間違っている」というように使います。  「デコード」という言葉には日本語があり、「復調」と訳さ […]